どんな資格が美容看護師に役立つの?

美容外科や美容皮膚科など美容系のクリニックで働く看護師は、美容看護師と言われるケースが多いです。
一般的な病院は病気を治療する場所であるのに対して、このような美容クリニックは、主に女性が美しくなるために通院する場所となります。このような特別な役割を担う美容看護師として活躍するためには、有効とされる資格があります。

まず美容看護師として働くために必要不可欠な資格は、看護師免許や准看護師免許です。基本的にこれらの資格がなければ、看護師として名乗ることができません。したがって看護師か準看護師のいずれかの資格を取得することは、美容看護師への第一歩だと言えるでしょう。
そして次に持っていると役立つ資格とされているのが、エステティシャンやネイリストなどの美容系の資格です。多くの美容外科クリニックでは、女性が美肌になるための施術を行っています。エステティシャンの資格を保有していれば、美肌のケアをしっかり施せるだけでなく、来院する女性にアドバイスをすることも可能です。またネイリストの資格を持っていることで、女性ならではの美意識の高さをアピールすることもできます。

その他、美容看護師にはアロマテラピーやリフレクソロジーなどのリラックス系の資格も役立つでしょう。
リラックス効果の高い香りに興味を持つ女性は、決して少なくありません。アロマテラピーの資格を持っていれば、様々な香りの効果を伝えることが可能になります。リンパの流れを良くする技術を身に付けられるリフレクソロジーも、美容看護師の間で人気を集めている資格の1つです。