美容看護師に必要な資格と勤務先について

美容看護師は美容外科や美容皮膚科で活躍する看護師のことです。医師の指導のもと患者に施術を行う場合もあるため、看護師免許が必要とされています。
ただし、受付や電話応対のみを担当するなど、雇用内容によっては看護師の免許が必要ない場合もあるので、看護師免許がなくても働ける可能性はあります。

美容看護師が活躍する勤務先には2種類あり、美容皮膚科と美容外科があります。これらの医院は大手の場合や個人の場合があり、施術以外にも必要に応じて電話応対・受付・会計などを行う場合もあるので、仕事内容が広いという特徴があります。
実際の仕事内容は、看護師の資格が必要なものの他にも様々な業務があります。例えば、前述した電話応対・受付・会計や掃除を含む雑務があります。医院によっては看護師が患者に対してヒアリングを行う場合もあるので、コミュニケーション能力が必要です。

給与は派遣と正規雇用(正社員・パートなど)とで異なりますが、一部の美容外科・美容皮膚科ではエステ業務もあるので、エステ関係の資格を保有している場合は給与に評価される可能性があります。
美容看護師で働くメリットは、院内にある美容機器を試せるということです。試せる美容機器は、皮膚治療に使われるレーザー治療器や医療用のレーザー脱毛器があります。勤務先によっては無料または有料の場合があり、有料では社割が適用されることもあります。働きながら美容機器を試したいという場合には、その点を意識して勤務先を選ぶと良いでしょう。