排卵検査薬

MENU

排卵検査薬は絶対必要?排卵検査薬を使う理由とメリットとは?

 

妊娠の確率を上げる上で役立つアイテム、排卵検査薬。

 

今では妊活の必須アイテムといってもいい程になっていますが、当然ながら絶対的に必要なアイテムな訳でもありません。

 

自分には必要ないと感じる方もいるでしょうし、実際自分の身体のリズムをよく理解しているから大丈夫といった方もいらっしゃることでしょう。

 

一方、排卵検査薬の存在は知っているけれど使ってみたこはない、でも興味がある、一度使ってみたい、使う理由がよくわからない...と感じている方も大勢いることだろうと思います。

 

ここでは、排卵検査薬を使うメリットや多くの女性によって使用されているその理由などについて、少し詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

排卵日を知る=最低限のセックスで妊娠の機会を得られる

 

そもそも、排卵検査薬を使う理由が分からないという方にとっては、ご夫婦の性生活が充実しているといった背景が関係しているのかもしれません。

 

セックスは割りと行っている程だし、お互いそれを義務と思う訳でもなく自然に求め合えている...といった方にとっては、排卵検査薬を使う理由などよくわからなくてもおかしくはないでしょう。

 

一方ご夫婦の性生活がとても充実しているとは言えない、例えば子供が欲しい気持ちは互いにあるのにセックスレスだとか、気持ちはあっても時間に余裕がないといった方も本当に多いことだろうと思います。

 

やっと時間が出来たと思っても双方の気持ちがひとつにはなれず行為に及べない...といったことも珍しい話ではありません。

 

そうしたご夫婦にとって排卵検査薬というアイテムは、今日がいい機会だからとセックスをする切っ掛けをつくることも出来るでしょうし、身体のことを考えても負担が少ないというメリットを得ることもできます。

 

また、性行為事態それほど気が向かないといったご夫婦であっても、最低限のタイミングで妊娠のチャンスを掴むことが出来るはずです。

 

 

女性側から積極的にアプローチできる理由になる

 

ご夫婦の関係性は色々あれど、性生活となると主導権を握るのは男性側ではないかと思います。

 

例えば、女性側がどれだけその気になったとしても、男性側にその気がなければ結局は行為に及ばないことが殆どだろうと思うのです。

 

女性から上手にアピールしようとしても上手くいかない、そもそもそうしたアピール自体が恥ずかしいといった女性は非常に多いはずです。

 

そんな時でも排卵検査薬を使用していることで、お互いに赤ちゃんが欲しいと思っている関係性であれば、排卵検査薬の陽性反応が相手を誘ういい切っ掛けになったりすることもあるのです。

 

そうした誘い方は必ずしも良いこととは言えないのかもしれませんが、男性としても子供が欲しいと望んでいる以上、そうしたタイミングを逃したくはないといった気持ちは多かれ少なかれあるはずです。

 

当然、疲れているから今日はちょっと...となることもあるかとは思います。

 

ですが、排卵日というものは月に何度も訪れる訳ではありません。

 

今日でないと駄目なんだといったことを知って貰うためにも、排卵日を正確に把握するための排卵検査薬は、子供を望むご夫婦にとって本当に頼れるアイテムとなってくれるはずです。

 

 

排卵予定日前のセックスで妊娠の確率を上げられる

 

一般的に、排卵後のセックスは妊娠を実現させるタイミングとしては遅いと言えます。

 

そもそも卵子が受精可能な時間というのはとても短く、そのピークは6時間程度なのです。

 

卵子の寿命自体は24時間程ありますので、必ずしもその6時間のチャンスをものにしなければならないということではないのですが、ピークを逃すことはそれだけ確率を下げてしまうことに繋がっていきます。

 

一方精子の場合は比較的その寿命は長く、2、3日は生きていられると言われています。

 

でも全ての精子がそうという訳ではありませんし、精子は精子で受精能力を持つまでに6時間程度必要なるのだそうです。

 

つまり、排卵のタイミングを狙って精子を送り込んだとしても、両者がすれ違い、出会う確率が下がってしまうことがあるのです。

 

排卵検査薬は排卵日の数時間前の予測が可能ですので、排卵予定日前にセックスすることで予め精子が卵子を待ち受ける状況を作ることができ、その分妊娠の確率を上げることができます。

 

 

精子の質を上げるために知っておきたいこと

 

妊活に励まれている方からしてみれば、男性側の精子の質も当然気になるところでしょう。

 

受精能力の高い精子を蓄えるためには何が必要なのか、例えばひたすら射精せずに溜めておけばよいのか...といえば、そうした訳でもないようです。

 

たとえひと月禁欲したとしてもむしろ生殖能力が下がるといった話もありますし、毎日射精した方が生殖能力は高まるといった話もあります。

 

結局のところ、精子の質を高めるための工夫というものは人それぞれにあるものですので、こうすればいいといった具体案がある訳ではありませんが、一般的には精子がフルに溜まるのは3日程度要すると言われていますので、その前後が一番性欲の高まるタイミングと言えるのかもしれません。

 

かと言って、少量の精子でも妊娠する時はしますので、その質や量をあまり気にし過ぎるのも問題ではないかと思います。

 

 

何よりも性欲を高めることが大切ではないかと思いますので、そのためのムード作りやよりよいセックスをするために工夫することに視点を移してみた方が、よい結果を生み出すことがあるのでは...と思います。

 

そんな中でも男性に出来ることといえば、例えば自慰行為が好きで個人的には禁欲なんかしたことがないという場合でも、妊娠を視野に入れているのであれば、排卵日前くらいは少し禁欲して精子の準備をするといった努力はして貰ってもいいのかもしれません。

 

 

排卵日の予想ができない人も使える排卵検査薬

 

生理同様、排卵期というのは大体いつも一定の期間に訪れます。

 

ですので、生理周期が安定している方であれば、排卵期も何となく予想ができますし、中には排卵痛があるから分かるという方もいらっしゃるでしょう。

 

一方、生理不順になりやすく、排卵痛などもなく、そもそも排卵しているのかどうか分からないといった方にとっては、排卵期を特定することはかなり難しいことのはずです。

 

例えば、生理が何か月も来ないとか、あまりに不安定だとか、本当に排卵しているのかどうかが気になる...といった方の場合は、一度病院で検査を受けることをお勧めしますが、そこまでではないといった方には、排卵検査薬の使用が大変お勧めです。

 

一般的に排卵検査薬は、排卵期と思われる時期に排卵検査薬を使うのですが、予測ができない間は少し長い期間を通して使うことになるでしょう。

 

またそうした方の場合、海外製の安価な排卵検査薬を使い、それまでの生理周期から大体で逆算しながら長めに排卵検査を行っているようです。

 

経済的とは言えない面もありますし、病院に行けば排卵しているかどうかは比較的簡単にかつ正確に分かりますので、実際に排卵検査薬を使うことに躊躇いがある方もいることでしょう。

 

ただ確実に言えるのは、妊娠を望まれるようであれば自分の身体について気になる心配事は、病院へ行って相談するなり、排卵検査薬といったアイテムを使ってセルフチェックすることは必要だということを忘れないで欲しいと思います。